So-net無料ブログ作成

今週の朝食パンはカラフル [天然酵母パン]

新しいレシピ開発もかねて、今週の朝食用のパンを仕込む。

仕込んだ生地を見たら、なんてカラフル!
野菜は、野菜としてシンプルに料理して食するのがすきなのだけれど、逆に野菜を感じないような野菜入りのパンを焼けたら楽しいかなと。

11月14日.jpg

にんじんとはちみつのパン。
香りもいいし、色もきれい。ふわふわ生地に仕上がる。

ほうれん草のパン。
きれいな緑色が鮮やか。
チーズをのせてトーストすると、これは美味。
伸びる手が止まりません。

カラフルなパンで、今週もも元気に朝ごはんだ!

11月14日②.jpg


コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

秋のパンのお届けです [天然酵母パン]

お祭りだ、運動会だ、と毎週イベントが盛りだくさんの10月。
先週は、我が町いちばんのお祭り。
夕方から夜まで、町の人たちが仮装して総出で踊る、『やると祭』。
10年前の大洪水で町は浸水し、その後町が元気に復興するのを願って始まったお祭り。
踊るのは町の人、おじいちゃんおばあちゃんから子供たちまで数千人が、踊る。
沿道の観客も町の人。でも、見ているうちに踊りたくなってどんどん輪に入ってくる。
観光客のためでなく、踊るのも見るのも町の人、まさに町のお祭り。
笑顔がいっぱいの夜。
ここで育った子供たちは曲が流れると、体が勝手に動いてしまう(笑)。

今年は、我が家は、かっぱになって参加!
川の町だから、『川をきれいにしよう』という意味もこめて。

いつの日か、この町を離れても、子供たちの心に、きっと残るはず。
家族で、近所の友達家族と、毎年みんなで踊ったこと、大切な思い出になるよね。
あと何回踊れるかな・・・いいや、今はそういうことは考えない。
今日を、今を楽しむお祭りだもの。


黒糖クッキー.jpg

さて。
久しぶりにパンのお届けが決まりました。
10月、11月の間の、秋のパンのお届けです。
オーガニックマーケットでも大好評だった黒糖クッキーも入ります。
秋は、おいもにかぼちゃに、栗に、紅玉に・・・おいしいものがいっぱい。
秋のおいしいおまけがつくかも!?
お楽しみに。
詳細は、こちらをご覧ください。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

パンを持ってキルト展へ [天然酵母パン]

朝のパン.jpg

米粉のミルクパン。
ブルーベリーの全粒粉パン。
くるみとレーズンのドライフルーツブレッド。

焼きあがって1時間後の、まだほんのりあたたかいパンたちを差し入れに持って、名古屋のデパートのキルト展に常駐している順子さんに会いに行く。
会いに行こうと思って、会いに行けるところに順子さんがいるのが、なんだかうれしい。
カオハガンで会っても、日本で会っても、この小さな体のどこに?というくらいパワーあふれる、素敵な順子さん。

今日は、カオハガンの中部交流会。
カオハガン好きな人、カオハガンにかかっている人、カオハガンに行きたい人・・・いろんな人が集まる楽しい会。
初めて会うのに、話がつきない。

キルト展はあと2日間。
ぜひぜひ、カオハガンキルトをご覧ください。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

運動会日和 [日々のあれこれ]

運動会.jpg

雲ひとつない青空。
運動会日和。

カメラを持っていくのだけれど、今目の前で精一杯輝いている姿を見ていたくて、ついカメラをそっちのけで見入ってしまう。
その一瞬の姿を残しておいてあげたくもあり、うーん、ジレンマである。

運動会はいつも涙で目がうるんで、泣き笑いで見てしまう。

保育園の運動会は、こんなこともできるようになったのね・・・とじーんとくるし、ひとつ上の組の子達を見ると、来年はこんなにすごいことができるようになっているんだ・・・と感動してしまう。
楽しくて、はじけんばかりのうれしい気持ちが見てとれて、どの子もかわいいなあと思う。

小学校の運動会は、ひたむきな姿が心に響く。
ゴールすると順位が決められる。
選抜された子だけが出場する種目もある。
保育園のように、がんばったねーみんな金メダルだよ、ではない。
くやしくて泣く子もいる。
でも、みんな一生懸命、走る。競技する。応援する。
我が子の一生懸命な姿を見ては涙ぐみ、知っている子の走る姿を見てはうるうるし、近所のお兄ちゃんを見かけては立派になって、とほろっとし・・・。


カオハガンキルト [旅 カオハガン島]

明日から、名古屋でキルト展が開催されます。
『いのちをつなぐキルト展』という内容で、様々なキルトが展示される中、カオハガンキルトも展示されます。
開催期間中は、会場に、カオハガンに住み島民にキルトを伝えた順子さんもいらっしゃいます。
明るくて、島の生活や島民の姿が思い浮かんでくるような、カオハガンキルト。
名古屋でカオハガンキルトが展示される機会はめったにないので、ぜひ!

<開催日>10月14日(木)~20日(水)
<開催場所>名古屋マルエイ本館8階催事場
<入場時間>午前10時→午後7時(最終日は午後4時30分終了、展示会場へのご入場は閉場時刻の30分前まで)
<入場料>大人 500円(税込)、小学生以下無料

キルト展①.jpg
キルト展②.jpg

キルトの前で談笑するフォロミナと順子さん@カオハガン
キルト.jpg



紅玉のアップルパイ [焼き菓子]

この季節のお楽しみは、紅玉。
運動会だ、お祭りだ、と忙しい合間をぬって、紅玉のジャムをどっさり煮込む。
紅玉とレモン汁とレーズンのみ。粗糖も入れないジャムが定番。
これから、秋、冬と毎日の朝食用ジャムができあがって、大満足。

この勢いで、ついでに、取り分けておいた紅玉で、アップルパイを作ろう!
こちらはレモン汁、粗糖、シナモンと紅玉を煮て、フィリングにする。
暑さがやわらいできたので、パイ生地も作りやすい。
1時間ほどじっくり焼いてできあがり。

アップルパイ.jpg

焼きたてのアップルパイを持って、私の小さな友達を訪ねに行く。
運動会も終わり、中学3年生は、そろそろ忙しく大変な時期になってくる頃かな。
勉強の合間、一息つくときに、食べてね、と渡すと、『ちょうどテスト期間なのー。がんばっていたから、うれしい!』と、私の大好きな笑顔で玄関先に出てきた。

4歳で友達になった彼女は、もう中学3年生!
部活に勉強に、今年は生徒会長としても活躍している。

そんな彼女を、遠くから応援する『ぱんのお姉ちゃん』であります。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

少年たちと海 [旅 カオハガン島]

子供は天真爛漫で、言葉が通じなくても分かり合えてすぐ友達同士になれる・・・という単純なものではないのだろうなぁと思う。
小さくない子供にとっては、特に。
好奇心にあふれる分、警戒心もあるだろうし。
自分のホームでない場所で、言葉が通じないということに、どうしていいかわからない、ということに気づいて立ち止まってしまう年齢もあるのだと思う。
そこを超えて、コミュニケーションをしたいと思ったとき、片言の言葉を操りながら、自分から入っていくのだと思う。
それが、年齢なのか、言葉なのか、コミュニケーションしたいという熱い思いなのかは、それぞれなんだろうなあ。
自分を振り返っても、そうだったと思う。

9月17日①.jpg

けれど、一緒に海に行けば、言葉が通じなくても居心地がよさそうで、海と子供たちの不思議さを実感させられる。
1年に1回会って、いつも一緒に遊ぶ仲間。
その中で、ずっと仲良しで、気のあう友達、ベルヘル。
変わらず、並んで笑っているふたりを見ると、不思議な気がする。
気が合う、ってこういうことなのだろうか。

9月17日②.jpg

朗(8歳)は、そろそろそんな頃だろうか。
自分のホームでない場所で、言葉が通じない環境で、どう思っているのだろう。
今はあえて聞かないけれど、いつか聞いてみたいと思う。

9月17日③.jpg

3年前より、ぐんと背が伸びて、たくましくなったふたりの背中。
向こうに続く海。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ぱおんのパンのトレードマーク [旅 カオハガン島]

朝晩涼しい風が吹き始めると、パンを焼きたい!という気持ちがむくむくわいてきます。
少しの気温が下がるだけで、酵母も元気よくふっくらと育つのが、わかる。

パン焼きがまた楽しくなりそうなものが仲間入り。
ぱおんのパンのトレードマーク、はんこ。
今までのサイズに、ちょっと小さいはんこが仲間入り。
小型パンや焼き菓子にぴったりのサイズ。

2年前作ってくれたカオハガン島の島民に、またお願いをして作ってもらいました。

9月16日.jpg

海と空と椰子の木と、パン。
私のパンの原動力。
はんこを見ると、元気が出ます。

暑くて、忙しくて、少し自分を見失いそうになっていた、この夏。
でもそんな日々もひと段落し、今年の秋は、少しゆったりとパンと向き合えそうで、楽しみです。




今日の朝食 [日々のあれこれ]

この時期、なかなか小麦粉のモノがのどを通らない。
家の中に熱風が吹き込むため、なかなかガスオーブンでパンを焼けない暑さ。
でも、久しぶりに焼いたパンは、やっぱりいいなあ。

jam marcheさんから送っていただいた長野の杏で、夏のジャムを煮る。
ドライプルーンをワインビネガーでことこと煮て。
8年近く植え継いでいるカスピ海ヨーグルト。
オット焙煎のアイスカフェオレ。

そんな今日の朝食。
8月6日.JPG


毎日セミ採りを日課としている陽(5歳)。
この季節は毎年、19時までセミ取りの毎日になる。
仕事で遅くなっても、セミ採りだけは、欠かさない。
おかげで、素手でもつかまえられるようになったハハ(笑)。

数日前、日が暮れるころ、セミの羽化を初めて見た。
茶色の殻をぬいで、透明がかった薄い緑色のセミが出てきた姿には、見とれてしまった。
30分ぐらいの間に、少しずつ羽が茶色に変化していった。

また見たくて、今日は、夕食後、陽と懐中電灯を持って、セミの羽化を見に公園へ。
ひとまわりしたけれど、今日は出会えなかった。
でも、ふたりで手をつないで(ちょっとこわい~ 笑)夜道を歩くのは、楽しいかったなあ。

暑い夏のアップルミント [日々のあれこれ]

暑い暑い毎日、でも、ハーブたちは元気いっぱい。
アップルミントは子供の背丈ぐらい伸びて、小さな白い花をつけています。
葉っぱと氷水でミント水に。
それだけで、さわやかです。

8月5日.JPG


昨年に引き続き、朗(8歳)がサマーキャンプに出かけていきました。
今年は4泊5日。
ひとりで参加する彼を、頼もしいなあと思う。
そして、そんな子供たちがたくさん参加するキャンプに、出会えてよかったと思う。

出発前、スタッフの方からの言葉。

この、子供たちが家にいない時間を、『うちの子はなんてかわいいんだろう。うちの子はこんなにかわいい子だったんだ』、と、ぜひ振り返る時間にしてくださいね。普段の生活では忙しかったりしてなかなかできないけれど、このいない時間をそんな有意義な時間にしてください。

キャンプに行って3日目の今日。
デジカメの写真の整理をし始めたら、とっても朗に会いたくなりました。
ぴかぴかの笑顔を見ながら、いいやつなんだよなあ・・・なんてしみじみ。

あさって、どんな顔で帰ってくるんだろう。
迎えに行くのが今から、楽しみなハハであります。



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。