So-net無料ブログ作成
焼き菓子 ブログトップ
前の10件 | -

誰かを思って焼くこと [焼き菓子]

ずいぶん、ごぶさたしていました。

昨年末に引っ越しをし、新しい土地に来て3ケ月たち、やっといろいろなことが少しずつ落ち着いてきました。
会社が事業所ごとお引越しということで、3年前からすこしずつ心を整理をしてきたのだけれど、いざ住み慣れた家を離れ、大事な人たちとお別れをし、きちんと心に区切りをつけて引っ越す・・・なんて余裕はとうていなく。
転がるように荷造りをして、たくさんお別れを言い、名残惜しい人たちのことを考えて毎日涙がこぼれて、でも引っ越し日はいやでも迫ってきて、ばたばたと引っ越し当日を迎えた、という感じです。

不安だらけの中、子供たちがあっという間に新しい環境になれ、地に根を張り生活していくのを見届けることができて、やっと心に余裕ができてきたように思います。
そうしてやっと自分を見返してみる余裕ができてみたら、家族、ハハではなく、私一個人としてのベースは全く整っていないことにはたと気づき・・・。
いかに、この引っ越しが、家族のコーディネータであるハハにとって大きく大変なことだったか、しみじみわかりました(笑)。

引っ越したことはゴールではなく、そこから家族のベース作りが始まるわけで。
春が来るころには・・・と思いながら、毎日生活してきました。
本格的に春が来るころには、『ぱおん』らしい生活が送れるように、一歩ずつ、一歩ずつ。

P3172754.JPG

小学校を卒業し、春から中学生になる君へ。
スープが冷めない距離に住んでいて、君が君のお母さんのおなかの中にいた時から成長を楽しく見守ってきたけれど、遠く離れて暮らすことになり。
でも、距離じゃないよ。
思う気持ちは変わっていないよ。
遠くから、君のこと、応援しているよ。
・・・そんな気持ちを込めて焼いて、送った焼き菓子たち。

新しい春に、いっぱいの幸あれ!!

カオハガン展のお知らせ [焼き菓子]

今年の夏は、これまでと違った形でカオハガンとかかわることになりました。

カオハガンにの海辺に、カオハガンカフェができる予定で、そこでお出しする焼き菓子のレシピを考える機会をいただきました。
これまで数年毎年カオハガンに通い、そこからイメージがふくらみ、カオハガンで手に入る材料で、カオハガンの島民も作ることができるような焼き菓子のレシピを書き溜めていたので、それがこのような形になるとは思いもかけず、とてもうれしいこととなりました。

そのカオハガンカフェ用レシピの焼き菓子3種類を、来週から鎌倉で始まるカオハガン展に並べていただけることになりました。

画像 054.jpg

カオハガン展は、昨年1年間カオハガンに住んで、カオハガンの子供たちにアートを教えていた香織さんが主催し、カオハガンの子供たちの絵やカオハガンで製作した香織さんのアートの展示や、カオハガンフォトコンテストや、その場でいろいろなアートのワークショップ開催や、ライブや・・・と宝箱のような楽しいイベントになっています。
もちろんカオハガンキルトなども並びます。
私も7/18に訪ねようと思っています。

香織さんのブログでイベントの詳細を案内されていますので、ぜひ、カオハガンの風を感じに遊びに行ってみてください。

焼き菓子の販売は、7/16~7/19の売り切れまでです。(数に限りがありますので、売り切れの場合は申し訳ありません。)
7/16は、夏をイメージしたぱおんのパンも並びます。

kao.破顔展
期間:7/16-7/19
場所:鎌倉・ボーンフリーワークス
香織さんブログ: http://blog.kaoartbox.ciao.jp ←20011.7.9にぱおんの焼き菓子を紹介してくださっています
ギャラリーHP:http://bornfreeworks.com/
HP_展示情報:http://kaoartbox.ciao.jp/news.html


コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

まんまる焼きドーナッツ [焼き菓子]

来年の今頃はきっと慌しいであろう、我が家。
その頃慌てないためにも、1年がかりでこの家の荷物を整理していくぞ!ということで、少しずつ時間を見つけて整理整頓。
決してモノが多くはない生活だとは思うのだけれど、それでも見直してみるといろいろあります。

今日はキッチンの整理整頓。
思わぬものに久しぶりに再会。
『たこ焼き器』。
関西出身のオットのムコ入り道具は、やっぱりこれ!?

なつかしんで見ていたら、急に思いついて、おやつ作り。(整理整頓はいいのか? 笑)
パンケーキの生地を流し込んで、中には、お楽しみで具をいろいろ入れてみる。
レーズン、チョコ、さつまいもあん、クリームチーズ・・・。
下半分が焼けてきたら、たこ焼きをひっくり返すたこ焼き返しで、くるりとひと回し。

11月18日.jpg

まんまるのかわいい焼きドーナッツの完成。
陽(5歳)は、『かわいい~』と大喜びで、くるりんくるりんとひっくり返していく。
これは楽しい。

これから何度もやろうね!と約束してしまったくらい、簡単で楽しくておいしい。
おやつはこうでなくっちゃね♪

11月18日②.jpg

@我が家のパンケーキ生地
卵1個、粗糖20g、油20g、水または牛乳150g、ふるった薄力粉150gとベーキングパウダー小さじ2
この順に、ぐるぐる混ぜてできあがり。
そんなに甘くないので、具で楽しめます。

コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

紅玉のアップルパイ [焼き菓子]

この季節のお楽しみは、紅玉。
運動会だ、お祭りだ、と忙しい合間をぬって、紅玉のジャムをどっさり煮込む。
紅玉とレモン汁とレーズンのみ。粗糖も入れないジャムが定番。
これから、秋、冬と毎日の朝食用ジャムができあがって、大満足。

この勢いで、ついでに、取り分けておいた紅玉で、アップルパイを作ろう!
こちらはレモン汁、粗糖、シナモンと紅玉を煮て、フィリングにする。
暑さがやわらいできたので、パイ生地も作りやすい。
1時間ほどじっくり焼いてできあがり。

アップルパイ.jpg

焼きたてのアップルパイを持って、私の小さな友達を訪ねに行く。
運動会も終わり、中学3年生は、そろそろ忙しく大変な時期になってくる頃かな。
勉強の合間、一息つくときに、食べてね、と渡すと、『ちょうどテスト期間なのー。がんばっていたから、うれしい!』と、私の大好きな笑顔で玄関先に出てきた。

4歳で友達になった彼女は、もう中学3年生!
部活に勉強に、今年は生徒会長としても活躍している。

そんな彼女を、遠くから応援する『ぱんのお姉ちゃん』であります。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

お礼のクッキー [焼き菓子]

今年もまた、ありがたいことに、先月、我が家にチョコレートが届きました。
手作りあり、かわいいのあり、楽しいのあり、ハハもおすそわけを堪能させていただきました(笑)。

さてさて、そのお礼に。
毎年定番のクッキーですが、今年は朗(7歳)のアイデアで、『おっきなくまのクッキー』。
あらかじめ描いたデザイン画を見ながら、粉にまみれて奮闘!

いろんな笑った顔が楽しいクッキーが焼きあがりました。
一枚ずつ袋に入れると、なかなかのもの。


3月16日.jpg

でも・・・くまのクッキーじゃなかったっけ?
『あ、ほんとだ。パンダになっちゃったね』
ん??・・・パンダともなんとなく違うような・・・。

作っているうちに、謎の生物の(笑)かわいらしいクッキーとなりました。



コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

クッキーレシピ奮闘中 & 1月のパンのお届け [焼き菓子]

お昼間、仕事の合間に、おなかがすく。
立ったり座ったり、部屋を移動したりと、よく動くからかもしれないのだけれど、なぜか毎回定時に、だいたい10時過ぎと16時くらいに、『おなかすいたーっ!』となります。
乳児のおやつタイムみたいなのですが(笑)。

そんなときに、ひょいっとつまめて、少しでおなかにたまるクッキーのレシピを試作中。
太白胡麻油を使うレシピでクッキーを焼くのが、定番になってきました。
びっくりするくらい少量で生地がまとまるし、バターを使うよりあっさりしています。

今回は、子供の頃大好きだった、オールレーズン風クッキーを焼きたくて。
小麦粉100gに対しても、太白胡麻油20gぐらいでちゃんと生地がまとまるのには、うれしくなってしまいます。
卵を入れて少ししっとりめに・・・。

1月5日.JPG

レーズンの量や入れ方を、もうひと工夫かな、というところ。

朗(7歳)に味見をしてもらうと、『おかーさん、これサイコーにおいしいよー!!』と残っていたのを全部食べてしまいました。
キャンプ帰り、朝から晩まで雪の中で遊んでスキーをして過ごしておなかぺこぺこだった小学生には、試作品も『サイコー』らしい(笑)。

まだまだ試作は続きます。


さて。
1月のパンのお届けが決まりました。
こちらをご覧ください。


パンケーキは楽し! [焼き菓子]

今秋、仕事でアメリカのボストンへ行く機会がありました。
最終日、やっと少しゆっくりする時間があり、モールへ。
アメリカらしい、広大な!モール。
ハロウィンがもうすぐということで、あちこちのお店で、オレンジのかぼちゃやハロウィングッズが華やか。
そんな中、WilliamsSonomaを発見!!
その昔、アメリカンケーキに凝っていた頃、本で見て、外国にはこんな素敵なキッチンツールや焼き菓子の型があるのねえ、とあこがれていたのです。

店内に入ると、もう、わくわくするものばかり。
あれこれ手にとって時間のたつのを忘れるぐらい。

その中で、ひとめぼれした、パンケーキ型。
かわいい!

パンケーキ②.jpg

我が家の日曜日の朝食は、パンケーキ。
丸い形で焼いているのだけれど、こんな形に焼けたら、楽しそう!

そんなわけで、我が家のキッチンツールの仲間入りをしたパンケーキ型。
いつものレシピから、生地のかたさを試行錯誤。
やわらかすぎると型から流れ出してしまうし、かたいとうまく型にフィットしない。
何回目かで、今回やっとうまく焼けるようになりました。

パンケーキ.jpg

卵 1個
粗糖 20g
太白胡麻油 20g
牛乳150g + プレーンヨーグルト50g
薄力粉 180g
ベーキングパウダー 小さじ2

材料を順にボウルに入れ、そのつど、泡立て器でよく混ぜ合わせます。
あたためたフライパンやホットプレートに、生地を流し込んで、弱火でじっくり焼きます。
水分は、その時々で、豆乳を使ったり、牛乳だけでも。



タグ:パンケーキ
コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Jamaican Rum Cake [焼き菓子]

焼き菓子はバターなしのレシピで焼くようになって、すっかりバターの買い置きの習慣がなくなりました。
が、パウンドケーキだけは、バターなしレシピではなかなか自分の納得のいく焼きあがりになりません。
バターがなくてこれくらいならいいか、ではなく、バターがなくてもこんなふうに焼けるんだ!という焼き上がりにしたくて試行錯誤しているのですが・・・。
今のところは、パウンドケーキを焼くときは、バター少なめでもしっとり焼けるレシピで。

シュトーレンで仕込んだラム酒漬けのドライフルーツがまだたくさんあったので、ラム酒の香るドライフルーツケーキを焼いています。
ラム酒とドライフルーツって、なんてパウンドケーキに合うんでしょう。
焼き上がりにも、ラム酒を刷毛でたっぷりしみこませることで、風味も断然よくなるし、つやも出るし、日持ちもします。
お酒に弱い私は、くらくらしながら、刷毛をふるっています。(弱いのだけれど、ラム酒の風味は大好きなのです)

ジャマイカンケーキ.jpg

Jamaica人の友達で英語を教えてもらっているDeneiceの結婚3周年記念日が昨日だったということで、このラム酒たっぷりのケーキを焼いてプレゼントしたところ、夜、電話がありました。
あまりの興奮ぶりに、びっくり。

開けたとたんラム酒の香りをかいだだけで驚いたわ!
”Jamaican なんとか”(なんとか、が聞き取れず・・・)というJamaicaの伝統的なケーキの焼き方をどうして知っているの!?
日本でこのケーキが食べられるなんてびっくりよ!
すごいプレゼントよ!!

ラム酒風味はきっとJamaicaの人には合うのでは?と思って焼いたのですが、そんなケーキがJamaicaに伝統的にあるとは。
いつか、本物の ”Jamaican なんとか” を食べてみたいなあ、と夢がふくらみます。

そんなわけで、私の焼くラム酒漬けドライフルーツケーキは、 ”Jamaican Rum Cake” という名前をつけてみました。
近々、『ぱおん』でお目見えするかもしれません♪



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

クッキーのおかえしは、『うれしいことば』 [焼き菓子]

毎日手をつなぎ、歩きながらあれこれ話してくれる保育園のことを聞きながら帰る帰り道。
話したいことがいっぱいで、朗(6歳)も陽(3歳)も我先にと同時に話すので、右の耳と左の耳で2人の話を聞き分け、それぞれに返事をする技をいつの間にか身につけたハハ(笑)。

でも、『今日はかなしいことがあった』と、元気のない朗。
6歳ともなると、お友達とぶつかったり、なんだか思い通りにならないことも出てくるようで、小さな頃のように抱っこしてあげるだけOK!とはいかないお年頃になってきますね。
どう答えてやるべきか、試行錯誤です。

まずは朗の話をひたすら聞き、それから、じゃあ今度は今日あった楽しかったことやうれしかったことを思い出してみたら?と言うと、『あったよ、いっぱい!』。
ほっ、そっか。なになに?
『この間のクッキー、まだもったいなくって食べてないって言われたよ! ”もったいない”なんて言ってくれるなんて、すごくうれしいことばだよね。』

今年もまたありがたいことに(笑)、先月朗のところにチョコレートが届きました。3つも!
そのお返しに、朗と陽とクッキーを焼いて渡したのでした。
キャラメルクッキーと、チョコクッキーの2種類を、いろんな型で抜きました。
やっぱり笑った顔がいいよねえ、とストローの先で目や鼻を抜いて、たくさんの笑顔を作りました。
葉っぱもくまもうさぎも魚もおひさまも・・・。
楽しくなっちゃうクッキーが焼きあがりました。

朗が一生懸命ラッピングして渡したそのクッキーを、まだもったいなくて食べていない子がいたり、『どうしてお店屋さんみたいに焼けるの??』と何度も聞かれてうれしかったことを話してくれました。
誰かが喜んでくれるのって、うれしいよね。
うれしい言葉をもらえるって、うれしいよね。
そんなふうにうれしい言葉をあげられたらいいよね。
そんなことを話した帰り道でした。

ホワイトデー.jpg


さてさて。
『自家培養酵母のパンと焼き菓子 ぱおん』の3月のパンのお届けが決まりました。
春のパン、よもぎのマフィンパンが入ります。
お楽しみに。




コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

唄うバースデーケーキ [焼き菓子]

いつもは、『おはようー』で始まる朝。
でも今日は違います。
朝起こす言葉は、『おめでとー!』。
がばっと起きて、『ありがとー!』とにこにこで返す陽(3歳)。
そうです、今日は陽の3歳の誕生日。

今年は朝、お祝いをすることにしました。
朝一番に家族で誕生日を祝い、元気に保育園に送り出そうと。

早起きして朗(5歳)も手伝ってくれたバースデーケーキ。
びっくりさせようとテーブルの上に飾っておいたケーキをみて、満面の笑みの陽。
早く起きた甲斐あり!と、ハハは小さくガッツポーズ♪

陽のリクエストは、『ぐるぐるのけーき』。
いちごとクリームをたっぷり巻き込んだロールケーキ。
表面をクリームでおめかし。
上に飾ったいちごは・・・以前レシピブックを見て、いつかやってみようと心であたためていたデコレーション。
いちごの横を三角にくりぬいてチョコで顔を描くと・・・元気に歌を歌ういちごたち。

ずらりと並べると、いちごたちが♪HappyBirthday♪を大合唱してくれているよう。
思わず微笑んでしまいます。

笑うケーキ.jpg

ケーキを食べながら、陽が生まれたときのビデオを見ました。
陽は赤ちゃんの自分に興味津々、ハハはうるうるしっぱなし(笑)。
こうして、明るくて陽気でいつも楽しがりの陽と一緒にいられることに、感謝。

~小さな目でみつめているこの世界で出会えてよかった、ほんとによかった~ 『小春』 by nuuさん
コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | - 焼き菓子 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。