So-net無料ブログ作成
検索選択

誰かを思って焼くこと [焼き菓子]

ずいぶん、ごぶさたしていました。

昨年末に引っ越しをし、新しい土地に来て3ケ月たち、やっといろいろなことが少しずつ落ち着いてきました。
会社が事業所ごとお引越しということで、3年前からすこしずつ心を整理をしてきたのだけれど、いざ住み慣れた家を離れ、大事な人たちとお別れをし、きちんと心に区切りをつけて引っ越す・・・なんて余裕はとうていなく。
転がるように荷造りをして、たくさんお別れを言い、名残惜しい人たちのことを考えて毎日涙がこぼれて、でも引っ越し日はいやでも迫ってきて、ばたばたと引っ越し当日を迎えた、という感じです。

不安だらけの中、子供たちがあっという間に新しい環境になれ、地に根を張り生活していくのを見届けることができて、やっと心に余裕ができてきたように思います。
そうしてやっと自分を見返してみる余裕ができてみたら、家族、ハハではなく、私一個人としてのベースは全く整っていないことにはたと気づき・・・。
いかに、この引っ越しが、家族のコーディネータであるハハにとって大きく大変なことだったか、しみじみわかりました(笑)。

引っ越したことはゴールではなく、そこから家族のベース作りが始まるわけで。
春が来るころには・・・と思いながら、毎日生活してきました。
本格的に春が来るころには、『ぱおん』らしい生活が送れるように、一歩ずつ、一歩ずつ。

P3172754.JPG

小学校を卒業し、春から中学生になる君へ。
スープが冷めない距離に住んでいて、君が君のお母さんのおなかの中にいた時から成長を楽しく見守ってきたけれど、遠く離れて暮らすことになり。
でも、距離じゃないよ。
思う気持ちは変わっていないよ。
遠くから、君のこと、応援しているよ。
・・・そんな気持ちを込めて焼いて、送った焼き菓子たち。

新しい春に、いっぱいの幸あれ!!
コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。