So-net無料ブログ作成
検索選択

Jamaican Rum Cake [焼き菓子]

焼き菓子はバターなしのレシピで焼くようになって、すっかりバターの買い置きの習慣がなくなりました。
が、パウンドケーキだけは、バターなしレシピではなかなか自分の納得のいく焼きあがりになりません。
バターがなくてこれくらいならいいか、ではなく、バターがなくてもこんなふうに焼けるんだ!という焼き上がりにしたくて試行錯誤しているのですが・・・。
今のところは、パウンドケーキを焼くときは、バター少なめでもしっとり焼けるレシピで。

シュトーレンで仕込んだラム酒漬けのドライフルーツがまだたくさんあったので、ラム酒の香るドライフルーツケーキを焼いています。
ラム酒とドライフルーツって、なんてパウンドケーキに合うんでしょう。
焼き上がりにも、ラム酒を刷毛でたっぷりしみこませることで、風味も断然よくなるし、つやも出るし、日持ちもします。
お酒に弱い私は、くらくらしながら、刷毛をふるっています。(弱いのだけれど、ラム酒の風味は大好きなのです)

ジャマイカンケーキ.jpg

Jamaica人の友達で英語を教えてもらっているDeneiceの結婚3周年記念日が昨日だったということで、このラム酒たっぷりのケーキを焼いてプレゼントしたところ、夜、電話がありました。
あまりの興奮ぶりに、びっくり。

開けたとたんラム酒の香りをかいだだけで驚いたわ!
Jamaican なんとか”(なんとか、が聞き取れず・・・)というJamaicaの伝統的なケーキの焼き方をどうして知っているの!?
日本でこのケーキが食べられるなんてびっくりよ!
すごいプレゼントよ!!

ラム酒風味はきっとJamaicaの人には合うのでは?と思って焼いたのですが、そんなケーキがJamaicaに伝統的にあるとは。
いつか、本物の ”Jamaican なんとか” を食べてみたいなあ、と夢がふくらみます。

そんなわけで、私の焼くラム酒漬けドライフルーツケーキは、 ”Jamaican Rum Cake” という名前をつけてみました。
近々、『ぱおん』でお目見えするかもしれません♪



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。