So-net無料ブログ作成

米粉のクッキー その後 [焼き菓子]

米粉を使った焼き菓子の、新たな食感に魅せられて、あれこれ焼く日々です。



米粉のさくさくほろほろの食感は、スノーボールクッキーにぴったりではないかしらん??と思いつき、さっそく焼いてみました。
スノーボールクッキーとは、アーモンドプードルやヘーゼルナッツパウダーが生地にたっぷり入って、刻んだくるみも混ぜ込んで焼いたころころのまあるいクッキー。ほろほろした食感が楽しくて、表面に粉糖がまぶしてあって、雪化粧したようなかわいいクッキーです。

スノーボールクッキーはバターをたっぷり使いますが、米粉でじゅうぶんほろほろの食感が出せるので、バターを使わないで焼いてみよう、と味覚の引き出しをあれこれ探って、新しいレシピ作りに挑戦。
なたね油少しと、バターの代わりにコクと風味を出すために生クリームを使ってみて、大正解!
さくさくほろほろの、米粉のスノーボールクッキーが焼きあがりました。
米粉の食感に感心しきり。
こんな粉があったのね、とますますいろんな焼き菓子を焼いてみたくなりました。

ふだんはそのまま食べちゃいますが、粉砂糖でしっかりおめかしして、撮影(笑)。

最近、オットがコーヒーの自家焙煎に凝っていて、煎りたてのコーヒー豆を手動のミルで挽いて、毎晩コーヒーを淹れてくれます。
コーヒーは『煎りたて挽きたて淹れたて』が最高だと聞きました。
ということは、毎晩最高のゼイタクをしている、ということなのですね。ありがたくいただかなくてはっ(笑)。
コーヒーのおともに、少し甘いものがあるとまた、シアワセです。

<米粉のスノーボールクッキー>
①なたね油40g、生クリーム60g、卵黄1ヶ分、粗糖40gをよく混ぜ、そこに米粉140gと塩ふたつまみをふるい入れ、さっくり混ぜ合わせる。
②粗く刻んだくるみを加え、ひとまとまりになったら、ひとくち大に丸め、天板に並べる。
③180℃で15~20分、うっすらと焼き色がつくまでオーブンで焼く。
④完全に冷めたら、粉糖をまぶすとかわいらしくなる。

おしらせです。
ゴーダチーズのパンと黒豆パンを詰めた『パンとバレンタイン焼き菓子セット』で、『自家培養酵母のパンと焼き菓子 ぱおん』の今年最初のお届けをします。
お楽しみに!
http://www005.upp.so-net.ne.jp/paon/

コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

コメント 2

mei

私も米粉は良く使います。
この食感が良いですよね~♪
レシピ、とても嬉しいです。今度作らせていただきます。
by mei (2008-01-31 17:12) 

ぱおん

>meiさん
そうなんですか!meiさんも米粉を使われるんですね。
他ではないこの食感は、もう、新しい出会いですね。
私はまだ米粉初心者ですので、meiさんおすすめレシピがありましたら、ぜひ教えてくださいね!!
by ぱおん (2008-02-01 22:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。